便利ツール

PowerPointで新しいフォントを追加して使う方法|ダウンロードから設定までを図解で解説【初心者用】

PowerPointでチラシを作るときなどに、デザインされたフォントを使いたい時ってありますよね?

そんな時は、ネットで探して、新たにダウンロードすると使えるようになります。

この記事では、画像を使って分かりやすく、ダウンロード方法と注意点をまとめました。




新しいフォントのダウンロード方法

①Web検索で、使いたいフォントを探す

まずは、好みのフォントを見つけます。

無料で使えるフォントでしたらフォントフリーがおすすめです。

フォントフリー公式ページはこちら

他にも、「フォント 無料」などで検索するとたくさん出てきますよ

今回は「しろくまフォント」を使いたかったので、フォントフリーから「しろくまフォント」を探しました。

しろくまフォントダウンロードページ

②配布サイトでダウンロード

 

今回は「しろくまフォント」を使って説明をしていきますが、どのフォントでもやり方は同じです。

好きなフォントが見つかったら、「配布サイトでダウンロード」というバナーをクリック。

それぞれのフォント製作者のページに飛びます。

下へスクロールしていくと、注意事項等が書いてありますので、しっかりと読みます。

主に商標利用などに関して記載があります。

しろくまフォントで出来ることはこちら

  • Webサイトの画像への文字入れ
  • 印刷物のデザインに使用
  • LINEスタンプの文字
  • WEBフォントとして利用
  • 商品のラベル、パッケージ
  • 動画・映像の文字入れ
  • 販売する素材への文字入れ
  • PDF、ソフトウェアへの埋め込み
  • ロゴ(商標登録はできません)

さらに下へ進むと、ダウンロードボタンが出てきますので、「しろくまフォントをダウンロード」をクリック。

ドロップボックスへ移動します。

画面右側のダウンロード→直接ダウンロード

③ダウンロードしたものを開いてインストールをクリック

 

※インストールが終わったら消してしまって大丈夫です

④次にパワーポイントを開きます

ホームタブ→フォントにダウンロードしたフォントが入っているか確認

きちんと反映されています

PowerPoint側で特に設定などは必要ありません。




PowerPointで新しいフォントを使う時の注意点

 

他の人と共有する場合、相手のパソコンにも同じフォントが入っていないと、別のフォントに置き換わってしまいます。

デザイン性のある案内物を制作している場合は注意が必要です。

印刷して完了でしたら気にしなくて大丈夫です。

社内などで共有する場合は、デフォルトで入っているフォントを使うようにしましょう。

まとめ

PowerPointで新しいフォントを使う方法をまとめました。

ダウンロードしたフォントは、PowerPointだけでなく、WordやExcelなどでも対応します。

色々使えるのはとても便利ですね(^^)

デザインや使い方を習得したいならコレ、おすすめです!


PowerPoint 「最強」資料のデザイン教科書 [ 福元雅之 ]

 

関連記事

  1. PowerPointで名刺をA4サイズの紙に10面印刷する方法|テンプ…

  2. クリスタ(CLIP STUDIO PAINT)で先端が四角い線の書き方…

  3. 【初心者用】GoogleマップのAPIキー取得方法|WordPress…

PAGE TOP

WordPress

Contact Form 7で迷惑メールをブロック|reCAPTCHA(リキャプ…

WordPress

【図解】Googleアナリティクスの設定方法|初心者でもわかるワードプレス埋め込…

WordPress

【初心者向け】Googleアドセンス用ads.txt設置方法|エックスサーバーで…

WordPress

【初心者用】WordPressの表示を高速化する方法|プラグインEWWW Ima…

WordPress

【初心者向け】新しい Google アナリティクス [GA4]の設定方法|202…